読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

StrongWings & YUUKA & MAYA の 冒険日記。

2012年にヒーリングセラピストのYUUKAが旅をしたインドで出会った、StrongWingsくんはトルコ人のライトワーカー。ソウルメイトを探す旅に出ていたWingsくんが、2008年にトルコで出版した小説gaak ve baap で、着物を着たシャーマニックな女性に会い、その人がソウルメイトである。という小説で、まやのことも書き記されている。そんなこんなで、ソウルメイトであると、出会ったのだが、人生はフローである。というのが私達のテーマでその日の瞬間を大切にしている。その日が光だと毎日は楽しく冒険である

社会。

最近、シリアのイスラム軍は、アメリカとトルコの政府がお金を払って作った軍隊であるとして、ロシア、中国が、シリアの自立を助けるためイスラム軍に攻撃をかけた。

しかしながら、トルコ国内や、アメリカ、日本では、このニュースは封鎖されて、いる。

いつでも戦争が起こってもおかしくない状況だそうで、だから、阿部首相も、隠しながらも戦争に参戦できるように、していたんだなと思う。

国外の記事ではトップニュースとして、扱われているのに、

すごいことだな〜と。

f:id:starchild910:20151011173954j:plain

たくさんの闇が外にでている。

昨日、トルコの首都アンカラピースウォークをしていた、86人のひとたちが爆撃を受けて亡くなってしまった。

11月1日に選挙があるので、エルドワン政権が勝つために他の政党が、襲ったと見せて、他の政党を潰すためという線が強いらしいが、もちろん隠されている。

他の政党とはクルド人の政党なのだが、

クルド人の人たちは、最近ガンを完全に治すというような治療法を見つけてノーベル賞を受賞したり、ピースウォークをしたり、ゲイや、レズの人を守ったりとかいろいろ考えているような人たちなのだが。

国民を巻き添えにするなんで〜。

と思うが、

しかし、トルコ人の国民の意識がまだまだなので、このからくりに気が付いていない人もいっぱいいるのだ。

最近おもしろいドキュメンタリーを見たのだけど、

エデンの園はトルコにあって、

トルコは、もともと地球外生物がたくさん住んでいて、

彼らは空などとべるので、神と呼ばれたらしい、

確かにトルコには、たくさんの不思議なひとの石像とかある。

半人間みたいな。

蛇のスピリットとか。

この生物と、人間が結婚して、不思議な人間ができたらしい。

キリスト様はもともとトルコの土地で生まれ、ヨーロッパに旅をしたらしいのだが、

まず彼は悪魔の心をたくさんの人から取ったという記述があるらしく、この半人間の、心のことなのではないか、という、ドキュメンタリーで、

この政党の魔訶不思議な魔的な動かないエネルギーというのは、この、半人間の、力がまだ残っているのではないだろうか?だから、カバラな人たちも、うまく魔術を今だに使って、(例えば、地球のアースチャクラの場所で、戦争を起こしたり、シリアは、最も豊かな土地と言われているそうでそこを閉鎖したり、すべての人類に予防接種したり、大量の添加物をだしたりして、人類を目覚めなくさせて、コントロールしやすいようにしている。)

という、ような、すごい裏技を使うのではないか?

という、ものすごいダークゲームが展開されているのではないか。

自分がまた、この土地に派遣されたのにも意味があるんだろうなとか。

広告を非表示にする