読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

StrongWings & YUUKA & MAYA の 冒険日記。

2012年にヒーリングセラピストのYUUKAが旅をしたインドで出会った、StrongWingsくんはトルコ人のライトワーカー。ソウルメイトを探す旅に出ていたWingsくんが、2008年にトルコで出版した小説gaak ve baap で、着物を着たシャーマニックな女性に会い、その人がソウルメイトである。という小説で、まやのことも書き記されている。そんなこんなで、ソウルメイトであると、出会ったのだが、人生はフローである。というのが私達のテーマでその日の瞬間を大切にしている。その日が光だと毎日は楽しく冒険である

結果。

大統領選は大変なことになってしまった。



日本のトルコ大使館の前でも、選挙の日

政党争いがあったとか。







多くの人が、絶望的になった日でもあった。


わたしも日本人なのにけっこうショックでダメージを受けていたが、なぜ、またエルドワン政権が勝ったかというと、イスラム教を信じる国民にもっと、厳しいイスラム教の国にすると約束したからである。


例えば、頭を隠さなければいけないら男性の後ろについていかなければいけない、女性たちは、

自分が自由になることを選択するよりも、

自由になる人を無くすことを好むんだなと、

そういう人を見たくない。という意識だったのだ〜!


〜!

ビックリだ〜!

そういう人がいっぱいいてエルドワンに票をいれたのだった。!



この時ようやく、多くの人が、(トルコ人は、イスラム教がもっともゆるい国なので、自由な人も沢山いるが、家族から、イスラム教から、めちゃめちゃにコントロールされている人もいっぱいいる。)

今までオープンな人は、この閉鎖的な人たちと付き合わなかったが、もっと、寄り添うべきである、と感じたらしい。



シリアの戦争やシリア難民やテロでなくなってしまった人も沢山いて、そういった人の思いを考えると、大統領選結果は本当に悲しいが、

何か、テーマがあるからそうなったのだろう、




しかしながら今週は、晴れの日がやたら多く、

大統領選も終わったので、テロも終了して、

表向きは穏やかです。








f:id:starchild910:20151105224020j:plain



f:id:starchild910:20151105223616j:plain



私たちは、グランドバザールという、観光客ならば誰でもいく、場所にお散歩にでかけました。



f:id:starchild910:20151105225016j:plain



今年は、トルコは、異常気象とのことで、めちゃめちゃ寒い。らしい。

私たちは、冬までいるか、わからなかったので、冬服全然もってなかったが、

ウィングスくんが、最近

助けを借りることをマスターした。

と?言っていて、

フェイスブックに冬服募集したら、本当に、沢山きた。

!まやちゃんの服は買ってくれた人までいた!



本当に沢山きたので、シリア難民の子どもたちにも配り歩くことにした。

中には靴のない子供もいたり、

冬空ジャケットがない子もいたり、






f:id:starchild910:20151105225117j:plain


グランドバザールです。



f:id:starchild910:20151105230233j:plain

オシャレなカフェです。






その後カフェにいったら、

隣にすわった男の子が、サイキックな子で、

私たちが座ったら空気が変わって、この人達は、外面世界の人たちじゃない、話しかけなければ!

といって、話しかけてきてくれた。







なんだかんだいってうまくいっている!





広告を非表示にする