読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

StrongWings & YUUKA & MAYA の 冒険日記。

2012年にヒーリングセラピストのYUUKAが旅をしたインドで出会った、StrongWingsくんはトルコ人のライトワーカー。ソウルメイトを探す旅に出ていたWingsくんが、2008年にトルコで出版した小説gaak ve baap で、着物を着たシャーマニックな女性に会い、その人がソウルメイトである。という小説で、まやのことも書き記されている。そんなこんなで、ソウルメイトであると、出会ったのだが、人生はフローである。というのが私達のテーマでその日の瞬間を大切にしている。その日が光だと毎日は楽しく冒険である

習い事を始める。

夏がやってきました。


f:id:starchild910:20160619002847j:plain



日本にいるのは今回8ヶ月なので、

本を読んだり勉強したり習い事をしようと思っていました。



f:id:starchild910:20160619003319j:plain


小松菜、ごぼう、人参の三色丼ぶり。

ものすごく丁寧なので、感動的に美味しい。


まやちゃんも幼稚園でお弁当だし、

トルコで食材が変わって、

料理や食事について根本的に考えはじめたわたしは近くにあり毛呂山の玖来乃さんの、マクロビ教室にやってきました。



マクロビって、日本人がはじめた考え方だったんだね。



まずは、玄米の炊き方や、

昆布の一番だし 二番だしの取り方。

トルコでこの基本が守れなさそうではあるが、、




基本的なところからスタート。

Wingsくんも最近は、動物たちがどんな思いで殺されたりするのか知ったら、チーズやヨーグルトも辞めたほうが良いと思う。

と言っていたが、玖来乃さんも同意見であった。


ほんと、トルコは大豆がないから

豆乳も、豆腐も納豆もないので、チーズやヨーグルトを食べないのはかなり難しく、

かつ健康的な牛や農家さんから直接買えるのでどうもまあいいかと思ってしまうのであった、、



まあ、細かいことは後で考えるとして、

ほんと玄米を釜でゆっくり丁寧に炊くんですが、

ほんとに美味しい〜。


ゆっくり炊くことで火のエネルギーが体に入って、水のエネルギーを排出させてくれます。



うまいことマクロビの知識をもっと深く身につけ、日常生活に生かしたいものです。



ヨガもそうだけど、マクロビというと、食事法が注目されますが、生き方を提案しているのだそう。



ほんとマクロビ料理は瞑想だわ。

と思いました。



マクロビ教室に友人のゆきみちゃんと、

行っていたので、そのあとに彼女のやっているバーズというヒーリングセッションのトライヤルをやってもらいました!

ありがとう〜!


Wingsくんは、深いレベルでいろいろ感じたらしい。

過去世が見えたり、

何番目のオーラが、リフレッシュされたとか細かくいろいろわかったらしい。


わたしは、やってもらう直前に異様な疲労と眠さがでて、最終的にそれがばっと抜けてスッキリした感じになりました!

 

f:id:starchild910:20160619004554j:plain









f:id:starchild910:20160619003131j:plain


広告を非表示にする