StrongWings & YUUKA & MAYA の 冒険日記。

2012年にヒーリングセラピストのYUUKAが旅をしたインドで出会った、StrongWingsくんはトルコ人のライトワーカー。ソウルメイトを探す旅に出ていたWingsくんが、2008年にトルコで出版した小説gaak ve baap で、着物を着たシャーマニックな女性に会い、その人がソウルメイトである。という小説で、まやのことも書き記されている。そんなこんなで、ソウルメイトであると、出会ったのだが、人生はフローである。というのが私達のテーマでその日の瞬間を大切にしている。その日が光だと毎日は楽しく冒険である

ウユニ塩湖。 ボリビア。

やっと果てしない、スクレやポトシを抜けてウユニ塩湖にやってきました。  


f:id:starchild910:20170617043302j:plain




ウユニ塩湖は、雨季12月から2月がハイシーズンなんだそうで、ウユニにきたらもりもり日本人に会うだろうと思っていたけど、やはり日本人はそのへんは抜かりなく、雨季にくるようで、乾季である、5月ぐらいには来ないらしい。




天空の鏡と呼ばれる、ウユニは、世界一と言われるぐらいの美しさなんだそうだ。



ウユニ塩湖自体も、3660mと非常に高く、またまた寒い。

数百年前に、アンデス山脈が突起した際に海底が海水ごと持ち上げられ取り残された。やがて海水が干しあがるに従って水分の中の塩が固まり塩湖になったらしい。



   


f:id:starchild910:20170617035349j:plain

ウユニからチリへ塩や鉱物が運ばれたかつての蒸気機関車が、放棄されている。



私たちは、ウユニの町についたら、とりあえず安ホテルに泊まって、2日後ぐらいから一泊150ドルぐらいする、塩湖の塩のブロックでてきた素敵な高級ホテルに一泊だけとまることにした。



f:id:starchild910:20170617040539j:plain



温かいし、シャワーも温かいし。

ごはんも美味しいし。旅の疲労が一気にいやされた。



ホテルから塩湖まで歩いていける。

ウユニ湖は、聖なる女性性のエネルギーだそうで

このエネルギーを起点に、チチカカ湖の聖なる男性性と女性性。そしてマチュピチュへとレイラインがつながっているそうで、私たちはここで、チャンティング(音のシャーマニックセレモニー)がやりたかった。


f:id:starchild910:20170617041101j:plain



やはりここは塩。

塩って、すごい浄化力があって、

ブラジルジョーンの時から向き合っていた腰の痛みや怒りのエネルギーがやたら外にでてきた。



f:id:starchild910:20170617041259j:plain



そして今度はまやちゃんが高山病と高熱にかかった。


f:id:starchild910:20170617041527j:plain


次の日、ウユニ湖のツアーを申し込んでいたが、 あえなくキャンセルをすることになった。

これが、塩湖の浄化パワーなのだ。  




f:id:starchild910:20170617041704j:plain



1日休んで。

まやちゃんもわたしも元気になり、

ツアーに参加。


150ボリビアーノで、トゥヌパ火山のほうまでまわってくれます。


f:id:starchild910:20170617041854j:plain


これがウユニなんだなあ。

f:id:starchild910:20170617043604j:plain




トゥヌパ火山。

f:id:starchild910:20170617042943j:plain


インカワシ島。

インカワシは男性性エネルギーなんだそうだ。



ウユニ湖は、磁気がおかしくなるらしく、

途中で、携帯が壊れたかのように使えなくなってしまった。


f:id:starchild910:20170617042436j:plain


f:id:starchild910:20170617042618j:plain


f:id:starchild910:20170617043910j:plain



また水鏡の時期に訪れてみたい。

ウユニ湖。

f:id:starchild910:20170617044125j:plain