StrongWings & YUUKA & MAYA の 冒険日記。

2012年にヒーリングセラピストのYUUKAが旅をしたインドで出会った、StrongWingsくんはトルコ人のライトワーカー。ソウルメイトを探す旅に出ていたWingsくんが、2008年にトルコで出版した小説gaak ve baap で、着物を着たシャーマニックな女性に会い、その人がソウルメイトである。という小説で、まやのことも書き記されている。そんなこんなで、ソウルメイトであると、出会ったのだが、人生はフローである。というのが私達のテーマでその日の瞬間を大切にしている。その日が光だと毎日は楽しく冒険である

リュフテムパシャジャーミィ

f:id:starchild910:20150923225710j:plain

タクシムの自宅から、ガラタ橋を渡ると、

シュレイマニエジャーミィとイェニジャーミィ

そしてリュフテムパシャジャーミィがあります。



この3つのモスクの美しいたたずまいは、イスタンブールのひとつの風景だと思うのですが、

ちょっとまやちゃんの散歩がてらリュフテムパシャジャーミィへ行ってみました。

歩ける距離なんだなと今日発見。


リュフテムパシャジャーミィは、建築家巨匠スィナンの作品です。



しかしながら、リュフテムパシャは、シュレイマンの愛娘ミヒルマンと結婚して大宰相までのぼりつめ、1700人の奴隷のいる権力者であった。



モスクはそんなわけでいささか男性的だなと思うけど、なにしろ、タイル好きのかたにはたまらないモスクで、いたるところに、最盛期のイズニックタイルがちりばめられている。


一階は、市場になっていて、スィナンのアィディアで、商店の賃金がモスクの維持費に使われているそう。


この建築家スィナンってしってますか?

人間国宝レベルのすごい、建築家だよ。


トルコきてから知ったけどスィナンの建築はほんとアート&神業。



f:id:starchild910:20150923224345j:plain


f:id:starchild910:20150923223522j:plain


こんな赤い色は後世全然出なくなったらしい。



f:id:starchild910:20150923224818j:plain



f:id:starchild910:20150923224911j:plain



f:id:starchild910:20150923225133j:plain



f:id:starchild910:20150923225242j:plain




イェニジャーミィの周りには、エジプトからきた

エジプティシャンパザルもあって、庶民的な香辛料や、問屋があって、けっこうおもしろい。





f:id:starchild910:20150923225403j:plain












広告を非表示にする