StrongWings & YUUKA & MAYA の 冒険日記。

2012年にヒーリングセラピストのYUUKAが旅をしたインドで出会った、StrongWingsくんはトルコ人のライトワーカー。ソウルメイトを探す旅に出ていたWingsくんが、2008年にトルコで出版した小説gaak ve baap で、着物を着たシャーマニックな女性に会い、その人がソウルメイトである。という小説で、まやのことも書き記されている。そんなこんなで、ソウルメイトであると、出会ったのだが、人生はフローである。というのが私達のテーマでその日の瞬間を大切にしている。その日が光だと毎日は楽しく冒険である

ラ.パス。


子供連れならば、ラパスではなく、オルーロに行ったほうがいいよ。
とアドバイスを受けていた。
ラパスはあまり治安が良くないらしい。


ラパスもまた標高3650m。世界最高高所の首都。
まわりは、6402mの山イリマニ山がそびえ、
冬な今は、雨の日やややどんよりとした日が続く。


しかし、オルーロはあまり安宿はなさそうだということと、今まで、ホメオパシーで、育ててきたまやちゃんは、緊急の時に、ホメオパシーがないのは私たちにとって、かなりの痛手。

そしたら、なんとラパスでホメオパシーが手に入るらしい。


けっこうバックパッカー系の人には有名な、hotel austria にきた。
キッチン付きで、どこでもどんなところでも料理してます。
しかし、このゲストハウスも寒かった。



f:id:starchild910:20170617051132j:plain


市場で買い付けをする。

f:id:starchild910:20170617051549j:plain



オリーブも売っている!

トルコに来るまでオリーブの美味しさはよくわからなかったが、トルコでは必須アイテムです。


f:id:starchild910:20170617051654j:plain

早速購入。




ラパスはカオスと言われていたけど、

さすが、首都!都会!

で、ヴィーガンレストランがあった。




オーナーはヨーロピアンかと思いきやラパス出身の女性で、むっちゃかわいい7歳の子供を連れており、まやちゃんの学校をどうするの?とオーナーとディスカッションする。

ボリビアも自由な素晴らしい学校ができているようで、オーナーの子供さんは、その、ラパスのはずれにある自由な学校にいくらしい。



フィンランドも、10年前からアメリカに習った教育制度をやめ、週4時間で、宿題はなし。

数学の先生は、人生で何が大切かという話をする授業をするそうで、今世界最高頭の良い子供たちになっているらしい。



政府レベルでそれくらいがばっと変換してくれたりしたら良いのだが。


f:id:starchild910:20170617053518j:plain

キャロットサンドイッチ。




私たちも、これからまやちゃんをどうするか、ほんとに考えていて、日本の幼稚園にいれたら、ほぼ登校拒否児のような感じになってしまって、

しかし、まやちゃんは日本語もトルコ語も英語も4歳の段階でけっこう話せインターナショナルコミュニケーションができるのだ。



そして、動物が好きで本当に肉や魚は食べたくないらしく、

ゲストハウスで中国人や韓国人の女の子たちが、

why?とほんとに、肉を食べない子供はほんとに理解できないようで、この全く理解されなさそうな、層とどうやったらうまくやっていけるのか、

ほんとに思案中なのだった。




そしてオーナーもホメオパシー派らしく、

ホメオパシーのお店を教えてくれた。




f:id:starchild910:20170617051926j:plain

魅惑的メニューが沢山あります。

何気にイスタンブールでは、かなり都会のイスタンブールのカフェとかに通い詰めたりする私たちにとって、ヴィーガンカフェとかメチクチャ上がるのだった。



サルナガストリート沿いにあります。


f:id:starchild910:20170617052926j:plain


f:id:starchild910:20170617053132j:plain

28ボリ(500縁) で、パンやスープやレモンジュースが食べ放題です。



また、南米は、魔女の店というのがあって、

いろいろマジックグッズが売ってる。

ある種謎なものも多いが興味深い。


f:id:starchild910:20170617053904j:plain





私たちは、無事、その後ホメオパシーや、

無くしたヨガマットも購入でき、

次はいよいよティティカカ湖にいきます。





















f:id:starchild910:20170617050556j:plain


ウユニ塩湖。 ボリビア。

やっと果てしない、スクレやポトシを抜けてウユニ塩湖にやってきました。  


f:id:starchild910:20170617043302j:plain




ウユニ塩湖は、雨季12月から2月がハイシーズンなんだそうで、ウユニにきたらもりもり日本人に会うだろうと思っていたけど、やはり日本人はそのへんは抜かりなく、雨季にくるようで、乾季である、5月ぐらいには来ないらしい。




天空の鏡と呼ばれる、ウユニは、世界一と言われるぐらいの美しさなんだそうだ。



ウユニ塩湖自体も、3660mと非常に高く、またまた寒い。

数百年前に、アンデス山脈が突起した際に海底が海水ごと持ち上げられ取り残された。やがて海水が干しあがるに従って水分の中の塩が固まり塩湖になったらしい。



   


f:id:starchild910:20170617035349j:plain

ウユニからチリへ塩や鉱物が運ばれたかつての蒸気機関車が、放棄されている。



私たちは、ウユニの町についたら、とりあえず安ホテルに泊まって、2日後ぐらいから一泊150ドルぐらいする、塩湖の塩のブロックでてきた素敵な高級ホテルに一泊だけとまることにした。



f:id:starchild910:20170617040539j:plain



温かいし、シャワーも温かいし。

ごはんも美味しいし。旅の疲労が一気にいやされた。



ホテルから塩湖まで歩いていける。

ウユニ湖は、聖なる女性性のエネルギーだそうで

このエネルギーを起点に、チチカカ湖の聖なる男性性と女性性。そしてマチュピチュへとレイラインがつながっているそうで、私たちはここで、チャンティング(音のシャーマニックセレモニー)がやりたかった。


f:id:starchild910:20170617041101j:plain



やはりここは塩。

塩って、すごい浄化力があって、

ブラジルジョーンの時から向き合っていた腰の痛みや怒りのエネルギーがやたら外にでてきた。



f:id:starchild910:20170617041259j:plain



そして今度はまやちゃんが高山病と高熱にかかった。


f:id:starchild910:20170617041527j:plain


次の日、ウユニ湖のツアーを申し込んでいたが、 あえなくキャンセルをすることになった。

これが、塩湖の浄化パワーなのだ。  




f:id:starchild910:20170617041704j:plain



1日休んで。

まやちゃんもわたしも元気になり、

ツアーに参加。


150ボリビアーノで、トゥヌパ火山のほうまでまわってくれます。


f:id:starchild910:20170617041854j:plain


これがウユニなんだなあ。

f:id:starchild910:20170617043604j:plain




トゥヌパ火山。

f:id:starchild910:20170617042943j:plain


インカワシ島。

インカワシは男性性エネルギーなんだそうだ。



ウユニ湖は、磁気がおかしくなるらしく、

途中で、携帯が壊れたかのように使えなくなってしまった。


f:id:starchild910:20170617042436j:plain


f:id:starchild910:20170617042618j:plain


f:id:starchild910:20170617043910j:plain



また水鏡の時期に訪れてみたい。

ウユニ湖。

f:id:starchild910:20170617044125j:plain






































ボリビア 世界第3位標高の高い町 ポトシ ➋



f:id:starchild910:20170616115946j:plain



YUUKAは裕夏と書くので、私は相当冬が苦手なんですが、標高4090メートルの町だよ。



信じられますか。

富士山より高いんだよ。




f:id:starchild910:20170616114454j:plain



f:id:starchild910:20170616114828j:plain

こんな感じです。





ポトシは、けっこう美味しいベジタリアン

お店があって、通いました。





ゲストハウスの屋上からの眺めが凄い。

f:id:starchild910:20170616115107j:plain




この屋上に小さなキッチンがあって、寒さの中夕飯を作ったり。 

洗濯をしたり。

しかし水ですよ。温かいお湯というか、

水が少し温かいような、、

ぐらいなシャワーばかりなボリビア

日本だとあたりまえに毎日たっぷりなお湯に浸かれるから、凄いよね。

トルコイスタンブール生活もイスタンブールは水不足なのでそんな贅沢にお風呂は入れません。





コンパニーア.デ.ヘスス

という宿です。

3人で90ボリでした。(1500縁ぐらい?一泊) 

どうやら、ボリビア、どんなに寒くてもストーブとかないらしく、ほんと寒いよ。




f:id:starchild910:20170616115153j:plain


f:id:starchild910:20170616115313j:plain

3日後あたりから元気になってきて、ポトシを楽しめるようになってきました。





ポトシの町で爪切りとか、

なくなってしまったものを購入。

まやちゃんボニート!(かわいい!)

とかいわれておばちゃんに抱きつかれる。



f:id:starchild910:20170616115455j:plain 




そしていよいよウユニ塩湖に行きます。

ポトシからは、30ボリです。

バスで、6時間ぐらいみたいだけど、ボリビアのバスはけっこう快適です。


道も快適です。

f:id:starchild910:20170616122213j:plain



私たちの場合大抵予約しないで、バス停に行って乗れるバスに乗っています。



 

















世界第3位 標高が高い町。ポトシ。肌断食と断捨離。

バス移動。



ボリビアも本格的に深くなってきます。

f:id:starchild910:20170614121644j:plain



気温もスクレでは、

タンクトップとかでいられたけれど、暖かい

服装が必要です。

f:id:starchild910:20170614122345j:plain   



f:id:starchild910:20170614122544j:plain



富士山に今まで何回が登ったりしてきて、

酸素マスクとかつけている人の意味がよくわからなかったんだけど、一気に高山病になりました。まずは。寒いのと、脳の一部の血管が詰まった感じになり、頭痛と吐き気と食欲不振。


これが高山病なのか〜〜!

という感じで

2、3日は寝込みました。



寝込んでる間、自分達のバックパックのことを思い出し、レイキ(レイキは落とし物を取り戻せるテクニックがある)

とか天使に頼んだりしました。


ハイヤーセルフとかにコンタクトして、話をしたりしたところ、やっぱり執着を絶って、自分達のポジティブなマインドでいくらでも、創造できるトレーニングである。と言われた。


そうなのか、

と思いつつ、



311の東日本大地震の時に、

自分がこれがないと生きていけないと思ったものは、肌のクリームと、メガネやコンタクトであった。


今回のトルコ滞在の時に、トルコでレーシックをしてみようかと、医師に相談したところ、私の目は、失明一歩手前ぐらい目が悪いらしい。

そして、レーシックなどできるような、目の状況ではないらしかった。



そして、ブラジルでジョーンのところに行った時から、コンタクトやメガネを辞めることにしてら裸眼のトレーニングをはじめた。

しかし、50センチ先の人の顔も見えない。

それくらい私は目が悪い。


しかし同時にわたしは、人のエネルギーや感情エネルギーがけっこう明確にわかったりして、ほんと正直なところ日常生活が大変なぐらい繊細なところがあり、目が見えないことで、ある種、人が見えなくなり、心理的に凄く楽になった自分を発見した。しかし、視力が向上したかは、まだわからず、20台前半ぐらいに北海道をバイクで旅をしていたら格段に視力が良くなったので、旅中その効果を、期待したいところだが、、





あと、ブラジルにいた時肌に付けていたココナッツクリームが、2回ぐらいなくなってしまった、

わたしは密かに湯シャンや、肌断食と言われる肌に何もつけない人たちというのに憧れを抱いていたが、わたしはひどい乾燥肌と乾燥髪で、絶対自分には無理だろうと思っていた。いつも、お気に入りの石鹸1個と、その時お気に入りの全身につかえるオイルを1本を持ってはいた。かなり使う頻度は下げる努力はしてはいたが。


この時はココナッツオイルを使っていた。



しかし、ブラジルで、ココナッツオイルを無くなくしてしまったので、ココナッツオイルも使うのを辞めた。



しかし驚いたことに、半日ぐらい乾燥していたが、半日たったら肌はなにもつけなくても大丈夫なような肌になっていた。



そして、



バックパックを無くしたことで洗面用具が全部なくなってしまったので、本格的に、湯シャンと肌断食をはじめることにした。石鹸も辞めた。



しかし、夏から一気に真冬の高地に来た私たちには、肌としては過酷すぎる。

インターネットで調べてみると、

相当ひどい時はワセリンをつける。と書いてあり、ボリビア人にとってワセリンは普通らしく、道端の市場で手に入った。

乾燥がひどい時はワセリンをちょっとだけつけるといいらしい。





しかし、

コンタクトレンズと、肌のクリームを手放せたのはものすごい楽になった気がした。




そして、わたしは自分が着てるもの以外の服は失ってしまったので服は一着しかない。

これがまさに着の身着のままというやつ?



ボリビアは、シャワーも寒いし、気候も寒いし、日本では考えられないが、4日5日着て、ウィングスくんの服を借りて、洗濯して、また服を着るサイクルになった。



まやちゃんのジャケットも無くなったので、

ポンチョと、帽子を購入。

f:id:starchild910:20170614125952j:plain










ボリビアの町 スクレ ❸

リビア トライブの織物も相当素敵である。


最近の私は個性が強いものをあまり好まないというか、?そういう傾向があるんだけど、やっぱりベースが民族系なのか、ほんと素敵だな〜と思う。

f:id:starchild910:20170614113432j:plain





f:id:starchild910:20170614113242j:plain

レッツトライまやちゃん。



f:id:starchild910:20170614113125j:plain



f:id:starchild910:20170614112942j:plain








f:id:starchild910:20170614113734j:plain

スクレの町は、ほんとに綺麗。




ゲストハウスも、ホームステイのような場所でとても良かった。

f:id:starchild910:20170614114327j:plain



f:id:starchild910:20170614114123j:plain

ゲストハウスのオーナーと。





とここで大事件が起こる。



自分達は2つバックパックがあるんだが、

この日さらに標高が高い4090mの場所ポトシに向けて移動しようと、タクシーに乗り、運転手さんに、バス停まで連れていってくれ、と頼む。

わたしたちのバックパックを後ろに、積むとカバーが閉まらず、しかし運転手さんは問題ないと言って走り出した。



すると途中で、運転手さんが、焦ったように車を止めてバックパックが落ちてしまったという。



引き返して見てみたが何処にもない。




中には、私の服一式と、

ホメオパシー

ヒーリンググッズ。

アウトパライソのクリスタル。

まやちゃんの今までの写真が保存してあったデータ。

寝袋が入っていた。

まあまあ良い寒さ対策のジャケットが入っていた。






警察に行ってみたけど落し物の報告はない。




こういうことってマインドがクリアじゃない時に起こると思うけど、けっこうセンタリングもちゃんとあってる感じでクリアなマインドの時に起こったから余計ビックリした。






しかしながら、

自分達でもビックリしたのだが、

執着しないというマインドトレーニングをしているためか?

切り替えも早く、まあ貴重品はあるし、荷物も半分はあるから大丈夫か。

という感じで、



気を取り戻して

スクレは何気にチョコレートの産地なので、

おいしいチョコレートをゲットして、そのまま4090m世界第3位の高地の町、ポトシに出かけることにした。

f:id:starchild910:20170614114619j:plain

偽キティちゃん?

ほんと美味しくて、よい品質しかも安いチョコレートがたくさんあります。





しかしどうなる。

続く。























ボリビアの町 スクレ ❷

スクレの町では、キッチン付きの宿が取れたので

市場へ買い出しに行きます。



来る前にスペイン語200単語ぐらい丸暗記してきた必須のスペイン語会話です。

南米はちっとも英語は通じません。

たぶん、スペイン人に、侵略を受けたのでさらに、もうひとつ、西洋語の英語は覚えたくないのではないか?という話。



スペイン人の人とか、わたしスペイン嫌いだから、エクアドルに住んでるのよ〜。

とか、コロンビア人がボリビアすきだからボリビア住んでるよ〜。

とか言って、スペイン語ができる人たちにとってここは広大な自由な土地らしく、


わたしは、今までそんなことちっとも知らなかった。もし大学などで、英語意外に語学を習得しなけれざならない場合、特に好きな国とかない場合、スペイン語がオススメです。

学生時代に先生にそういうこと教えて欲しかった。(わたしはわけもわからずフランス語取ってしまった!学生時代。)

f:id:starchild910:20170614004708j:plain


チーズを売るお姉さん。

f:id:starchild910:20170614005704j:plain

何かビニールとかに入れて売ったほうが良いのではないかと思う。(ビニール入りのやつもあってそちらを買う)


基本的にみんな写真は撮られるのは好きではない様子。




スクレで、オーガニックショップを発見。

自炊用の米やソイミートなどを購入する。


f:id:starchild910:20170614005951j:plain






市内の南東の坂を登ると、町を見下ろせる場所に建つラ.レコータ修道院がある。

宗教に身を捧げ、修行を積んだ人たちの修道院なので、エネルギーが美しい。



f:id:starchild910:20170614010204j:plain



修道院の木

f:id:starchild910:20170614010513j:plain



f:id:starchild910:20170614010648j:plain



内観も素晴らしく、しかし写真は撮ってはいけないそう。

f:id:starchild910:20170614010825j:plain



ウィングスくんは、過去世この修道院にいたこと

があったらしく、スピリットに、この最後から2番目の枝にあなたがいるよ。

と囁かれたそうで、

実際こっちが、眠る部屋だよね。

とか、建物の構造がわかったようであった。


f:id:starchild910:20170614095942j:plain

ボリビアの町は意外にいろいろ内観料金が高く、

このラ.レコータ修道院はなぜか惹かれていったのだけどほんと美しいところで、


隣には織物博物館もあります。
















ボリビアの町スクレ ➊

ボリビアで、1825年スペインから独立宣言が行われた町スクレ。



標高は、2750m。

植民地時代に銀山がもたらした財力によって、白く眩い建築物が建てられたらしく、今でも建築物は白くすることが義務付けられているそうで、本当に街並みが美しい。



f:id:starchild910:20170614003735j:plain



f:id:starchild910:20170614003846j:plain



f:id:starchild910:20170614004013j:plain



f:id:starchild910:20170614004146j:plain 



f:id:starchild910:20170614004308j:plain



f:id:starchild910:20170614004413j:plain