StrongWings & YUUKA & MAYA のミラクルな旅。

2012年にヒーリングセラピストのYUUKAが旅をしたインドで出会った、StrongWingsくんはトルコ人のライトワーカー。ソウルメイトを探す旅に出ていたWingsくんが、2008年にトルコで出版した小説gaak ve baap で、着物を着たシャーマニックな女性に会い、その人がソウルメイトである。という小説で、まやのことも書き記されている。そんなこんなで、ソウルメイトであると、出会ったのだが、人生はフローである。というのが私達のテーマでその日の瞬間を大切にしている。その日が光だと毎日は楽しく冒険である

ペルー  聖なる谷でのミラクル。

ペルー、聖なる谷に来ています。

 

 

 

ペルーに来る前の自分たちのイメージとしては、エコロジーハウスと瞑想ドームを建設して、そこをベースに活動をしていこう。

というイメージはありましたが、具体的にどうすればいいのか。

 

ということははっきりはよくわかっていませんでした。

実際、海外で土地を買ったり建設するのはそれなりの知識が必要です。

 

 

 

バモスはすごく人気のあるゲストハウスで、5年間の経営でしたが様々なボランティアスタッフ。才能のある人たちが集まるゲストハウスでした。

 

 

 

たくさんの人が訪れた中でここではもう小さいから大きなところにバモスを移すべきである。という意見が多く寄せられるようになって来ました。

 

 

 

バモスオーナーアルダは、聖なる谷を歩きました。

とある農民の人が、実は、わたしには土地があるけれど見てみる?

 

と言われて訪れた土地が 3段階の段差になっていて、

深い山と森、川のある土地でした。すぐにどこに瞑想ドームを作るか。

イメージがやって来ました。

 

そして、すぐにエコロジーハウスを作る、フランス人の人達に出会いました。

 

この土地は本当に素晴らしい !

ぜひ私たちに建設させてくれ。

 

しかし、自分たちは、デザインのプロではなく

デザイン画のプロが必要だ。と言って来ました。

 

 

実際のところ、彼の親友ソナーはこの土地とプロジェクトのことを聞いていて、デザイン画を手がけていました。デザイン画は下の You Tubeの映像にも出て来ます。

 

このYou  Tubeの脚本は Wingsくんが書いてます。

 

ソナーは、エコロジーハウスのデザインのプロですが、実際、イスタンブールヒルトンホテルの内装デザインなどを任されるほどのプロの建設デザイナーです。

 

その後、自然や神秘について、の雑誌カメラマンをしているマハメットが、アフガニスタンに取材に行こうとしていました。

7日間ラクダに乗ってでないとたどり着けないアフガニスタンの民族を取材する予定でいました。しかしフライトの前日タリバンがこの民族の土地を占拠したというニュースが入り、フライトを断念。その後、取材内容をペルー聖なる谷に切り替えました。

そうしてマハメットも、このチームで働くことになりました。

 

 

みんなすごいプロですが、ボランティアスタッフとして、働いています。

その後、聖なる谷を自転車で旅をしていた、ウルゲンとイエシムのカップルが

バモスの元々ファンでHPを見ていたところ、 HPが開かず、異常に気がつき、ウェブデザイナーであるウルゲンは、映像を手伝うことになりました。

そして、イエシムは、ソーシャルネットワークのプロでありニュースをメディアなどに送ることができます。

 

 

 

この神の導きとしか思えないようなチームが 3か月プロジェクトを立ち上げるために働いて来ました。

 

 

そして 2週間前私たちが、バモスに到着しました。

バモスアルダも私たちもなぜかこのプロジェクトに深い関わりがあるのを知っていました。

 

 (というか光が降りたり虹が出たりサインがすごかった。 )

そして 3ヶ月間、ものすごく働いてきたチームはスピリチュアリティを失いかけていました。それほど大きなプロジェクトだったからです。

 

 

 

私たちが入ったことによってチームのバランスが戻りました。

 

 

 

フラワーオブライフって完璧な聖なる幾何学模様だけど、自分の完璧な立ち位置があって、バモスのプロジェクトは、聞けば聞くほど自分たちのプランに似ており、実際自分たちもチームが必要であると考えていました。

 

 

また、こんな、すごい建設家のチームは自分だったら集められないなと思い、これはやはりアルダの人間関係の広さであったり深さであったり彼の才能であって、

瞑想ドームも自分がイメージしていたようなドームで、デザイナーのソナーは、

自分達が好きなように家をデザインしてくれるそう。

ヒルトンのデザイナーなのに!   !しかもボランティアスタッフ!    !

 

 

 

そして、自分達がこのバモスのプロジェクトに参加することにより、 2年後には永住権が取れるらしい。

日本もトルコでも取れないのに、、。

 

 

で、このコミュニティ内に私たちの家を建設することになりそう。

しかもエコロジーハウスなので、建設費も安く、自分達のいまある貯金ですでに建設ができる状況 。

ここにきた当初、まさか、すぐに家や土地の建設が決まる流れになるとも思わなかったけど、完璧な流れすぎて怖いというかすごすごい。

 

 

 

そして、泊まりに来たければ同じ土地内にバモスの旅行者用の家もあるので泊まれるしレトリートなども開催できるし、ヨガとか瞑想とかヒーリングとか音楽とかなんでもできそう。

 

 

 バモスのプロジェクトでは今みんなボランティアで働いていますが資金がまだ足りていません。昨日からクロウドファンディングでの資金を募集し始めています。

もしよろしければ、募金などをよろしくお願いします。

クレジットカードなどで1ドルからでもできます。

また下記に出ている例えば20ドルパックなどがあり、パックの場合は特典がつくようです。英語ですが特典を見て見てね。

 BACK  ITボタンを押して、Donation Amountに募金できる金額を書きます。

(または特典付きのパックを選びます。)

そして、クレジットカードの名前とナンバーを記入して(MMは月 

/ YYは年、CVCは裏に書かれている記号です。

募金したのが自分であることが知られたくない場合はAnonymousを押します。

SUBMIT PAYMENTを押すと募金に参加していただけます。

 そしてもしよければ 1ドルでも募金していただければこのプロジェクトが多くの人に注目されているということになるので、クロウドファンディングのページが注目して、前に出してくれて世界的に注目が集まるのでもしよろしければよろしくお願いします。

 

 

また来年になると、エコロジーハウスの建設ボランティアスタッフの募集も出ると思います。

www.indiegogo.com

 

Getting Grounded in Sacred Valley! | Indiegogo



昔、古代文明は、地球を母と信頼し、信じる時代がありました。その時代は、全てのものが、神から授かるということを知っていました。



しかし、その後、地球は、闇の時代を迎えます。

この闇の時代、水や空気、土、は汚染されはじめ、人々は、戦いを繰り広げはじめていきます。



その後、数億年もののち、人々はまた、目覚めはじめ何かを思い出し始める時代に突入します。



その人々は、古代の、自分の記憶の中に残る、この黄金時代とも呼べる記憶を懐かしく思うようになってきます。



この記憶の中で、懐かしく感じる。

という、感覚は、今世界中で広がっています。



そして、この感覚のある人々は、集まり輪になって、手と手をつなぎ合わせるような時代が今、来つつあります。



もういちど、私たちは、この記憶の中にあるような、生活、生き方をするべきなのではないか、という感覚。



そして人々は、もういちど創造しようと考えました。

愛が中心にあって、生きながら、シェアし、そして、ヒーリング、創造、生み出し、そういう、スペース、コミュニティを。



この変容の活動は、まだ、眠りの中にいる人も、何かを感じると思います。


そしてまた徐々に人々が目覚めててくるのを助けてくれると思います。



私たちが作りたいと思うコミュニティは、この中のひとつの動きのものからはじまっています。



(ビデオで、その、全貌を見ることができます。)



…………………………………………………………



聖なる谷  ペルーのハートコミュニティセンターは、

4400平方メートルの高いエネルギーの場所にあります。私たちは、この場所に、コミュニティとスペースを作ることを決めました。

私たちは、この夢をクロウドファンディングに、置きました。



クロウドファンディングというのは、誰かが目的があって、世界中の人々がサポートしようというふうに、考え、例えば1ドルでも25億人が、信じて寄付をすると莫大な金額になるという、みんなで、夢をサポートをしようというシステムです。わたしたちは、この夢をひとつの大きな家族として、創造することをあなたに呼びかけています。



(このプロジェクトは、Arda Kurtoğluさんとそのチーム、私たちは、最終段階で、チームに加わりました。私たちも25000ドルの寄付をしていて、エコロジーハウスを最終的に、創造しようとしています。)


 

 

 

 

ありがとうございます。

ペルー 聖なる谷より。

全てが、完璧なまでの、タイミング。



今月は、最も高い自分の意思をもってうごいていると、ものすごいミラクルが起こる月なんだそう。



f:id:starchild910:20180613013824j:plain


私たちが今住んでいます。

バモス(スペイン語でレッツゴー)という、トルコ人のコミュニティハウス。



f:id:starchild910:20180613014206j:plain



着いたとたんダブルレインボーがでた。



f:id:starchild910:20180613014600j:plain




マーケットでとうもろこしを食べる。

わたしとマヤちゃん。

アメリカめっちゃ高かったから、やっと安心ライフだよ。



子供の頃、

スーパーマーケットや、学校に行っても、何かベールを被っているようなものすごいつまらない世界に見えていた。

そこには、何もないような気がしていた。



今思えば、物質世界と、霊的世界が切り離されて作られた世界に違和感を感じていたのかなぁとも思う。





聖なる谷は、

去年よりさらに、発展していて、

バモスのある、カルカはほんとに村だけど、ヴィーガンカフェや、ヨガや瞑想や、ダンス、

シャーマニズムのある世界が当然のように、ある。どんどん移住者が増えているようにも思える。各国から人が集まってきている感じ。

f:id:starchild910:20180613015652j:plain



自然の中に咲いている薔薇。

f:id:starchild910:20180613020738j:plain 


f:id:starchild910:20180613020944j:plain




f:id:starchild910:20180613020842j:plain




2か月ぐらい前に、バモスのオーナーのアルダからメールが来て、オーガニック、スピリチュアル、エコロジーコミュニティを作ろうと思っているという、連絡がやって来た。


アルダは、トルコ人でもはじめに、聖なる谷に住みはじめた人物で、アルダのエネルギーなよって、大くの、トルコ人移住者がではじめたのであった。



このメールをもらった時に、

天からズドンと光が降りたのがわかった。





コミュニティの中で子供を育てると良いという話は聞いたことがあったけど、なかば理想論のような気持ちもしていた。


f:id:starchild910:20180613021610j:plain


まやちゃんも、たくさんの人と会ったり生活をしているので。どんどんオープンになってきている。





しかし、

ここから本当のミラクルが起きるのであった。




つづく。
















マーケットで、とうもろこしを食べる。

まやちゃんと、私。




Mt.シャスタ。

Mt.シャスタに行ってきました。




ペルーに行くにあたって、

大阪→ハワイ島マウイ島→サンフランシスコ→ロサンゼルス→メキシコシティ→ペルーリマ→クスコ→聖なる谷。


という、実はというか、すごいルートだったんですが、サンフランシスコからシャスタは車で4時間。ということで、8日間ぐらいのシャスタ滞在になりました。








アメリカは、レンタカーや、ガソリンが、日本よりは、安く、高速代が無料なので、はたまたすごい車をレンタルしてしまった。

4WDで、見たこともないような、ハイテクだった。買ったら家が買えそうなぐらいのいい車だった。






f:id:starchild910:20180604094010j:plain

Mt.シャスタとMt.シャスタとツインフレームと言われるレイクシャスティーナ。

愛だね。




前回シャスタにきた時は、あまり細かくまわりをまわれなかったんだけど、今回は、いろいろまわりを回ってみる。

シャスタには、シャスタのネィティブ アメリカンの部族がいて、いろいろ聖地がある。




水の波動の江本先生も絶賛の、ステュワート スプリングス



f:id:starchild910:20180604100149j:plain




f:id:starchild910:20180604100644j:plain

 



f:id:starchild910:20180604095604j:plain




今回ここは、かなりのお気に入りスポットであった。水の波動の江本先生も完璧な形の粒子であると絶賛する、ステュワート ミネラル スプリング。





美しすぎる!

。!


f:id:starchild910:20180604102124j:plain

何この水!という感じですが、

写真で伝わればいいですが。


水浴びしたり。

周りにはこの水を使ってのレトリートセンターなどもたくさんある様子。






シャスタは、歩いていて、目が合うと、みんなニコニコしていて、すごく感じが良い人が多い。

まやちゃんと、街を歩いていたら、マジカルなお茶やさんに呼び止められ。何か売ろうとしている

のかと思いきや、中に入ったら、みんなで歌ったり踊ったり、誕生日パーティーがあるから湖に泳ぎに行こう!

とか言ってきたりして!



f:id:starchild910:20180604101024j:plain

マジカル茶屋のみなさん。



シャスタは、5月現在日没21時でみんな17時に仕事終わりにして、湖に泳ぎに行くのが主流?らしい。


f:id:starchild910:20180604102709j:plain


私たちももちろん泳ぎにいきました。







f:id:starchild910:20180604102435j:plain



Wingsくんも瞑想会などをオーガナイズしていて、その日は日輪がでて、ものすごいレインボーエネルギー。



シャスタの花。

f:id:starchild910:20180604104455j:plain




そしてこの洞窟!

ネィティブアメリカンの部族が集まって集会を開いていた洞窟なんだけど、pluto's caveといって、めちゃくちゃ高い波動なんだけど、

アメリカ政府は、あまりここを守りたくないのか、落書きとかもたくさんあったんだけど、

エネルギーわからないって怖いなというか、わからないと、落書きとかできたり、聖地を守らないという思考が産まれることが、不思議であった。



f:id:starchild910:20180604103112j:plain




f:id:starchild910:20180604103404j:plain



f:id:starchild910:20180604103635j:plain


f:id:starchild910:20180604103859j:plain



https://www.instagram.com/p/BjZ1VXPB_tT/

pluto's cave.ネィティブ アメリカンの方たちの集会が行われた。もっとも古い洞窟のひとつだそうで、エネルギーが全然違う。The native American of Shasta was playing ceremonies and meetings. Holy cave.





満月の日に、シャスタを発って、ペルーに向かって進んでいきました。

f:id:starchild910:20180604104709j:plain




















マウイ島にやってきた。

マウイ島は、また、ハワイ島より、より、ノンビリした感じ。



私たちは、マウイ島では、キャンプ生活です。

f:id:starchild910:20180530062301j:plain



マウイ島は、海が美しすぎて、日々泳ぐ。

f:id:starchild910:20180530062426j:plain





美しいビーチが大量にあるがもちろん行ききれず。



f:id:starchild910:20180530062619j:plain





まやちゃんついにレインボーシェーブアイスを食べる。

f:id:starchild910:20180530062756j:plain






キャンプ生活で隣のテントのハワイアン家族の娘アイィリちゃん。

f:id:starchild910:20180530062948j:plain




マウイは、ジャングルで未開の土地も多く、

ハナコーストは車でドライブできるがかなり見どころは多い。


f:id:starchild910:20180530063208j:plain



ワイルア滝。

f:id:starchild910:20180530063437j:plain




f:id:starchild910:20180530063615j:plain



マウイの虹

f:id:starchild910:20180530063723j:plain







オヘオプール

こちらも7つの池で、ネィティブ  ハワイアンの方の禊の場所だったそう。f:id:starchild910:20180530063935j:plain





ハレアカラ山での夕焼け。

f:id:starchild910:20180530064126j:plain




f:id:starchild910:20180530064234j:plain




f:id:starchild910:20180530065225j:plain




f:id:starchild910:20180530064348j:plain



f:id:starchild910:20180530064507j:plain




f:id:starchild910:20180530070817j:plain




f:id:starchild910:20180530064616j:plain  


f:id:starchild910:20180530064730j:plain








ハワイ島の旅 ❷

ワイ島は、やはり素晴らしい。




日本からこの近さでこの素晴らしさ。

だから、ハワイは、愛されるんだな。

ネィティブ  ハワイアンは、もともと光から生まれた種族で、タヒチアンは、闇から生まれた種族だそうで、ハワイアンは、まずタヒチから襲撃を受けて、ハワイアンとタヒチアンがミックスしてしまい、そこから、聖なる意識を失い始めたらしい、

たしかに街を歩いているだけでは、聖なる意識と繋がる人には出会いずらい。



海も素晴らしい。

美しいビーチは沢山ある。



f:id:starchild910:20180530060327j:plain

アメリカ本土からハワイに移住する人も沢山いるみたい。





こんなノンビリとした状況から、

いきなりというか、私たちは、マウナケアのワイ

アウ湖を目指して登山を始めた。

ワイアウ湖も、ハワイアンの方の聖なる湖である。



f:id:starchild910:20180530060524j:plain





ワイアウ湖は、標高3970メートルなので、

こどもは、やめたほうがいよいよ。

とアドバイスを受けるが、ペルーでまやちゃん4500メートル挑戦したことがあるので、説得して?登る。




一気に寒い。

がんばれまやちゃん。

f:id:starchild910:20180530061752j:plain




レイクワイアウ。

f:id:starchild910:20180530061606j:plain






寒い。



美しい〜。








ハワイ島の旅。

ペルーは、結局アメリカ経由で行くので、
ハワイを経由して行ってみようか。
という計画になった。



しかし、行く前から、キラウエア、ペレの噴火が始まり、私たちが泊まろとしていた、ゲストハウスが、閉鎖になった。


それでも1日目は、キラウエア近くの宿に泊まらさせてもらう。
でも次の日から、旅行者は、ボルケーノ付近立ち入り禁止である。


現在ペレは、レムリアのエネルギーをシェアするべく噴火中。だそうで、
ほんとに、ボルケーノ付近に泊まった夜は、エネルギーがいろいろ動いたのがわかった。

地元ハワイ島に住む方たちは、
ワイ島はエコロジカルではないし、霊性を失ったので、ペレが怒ったのだと話していた。


f:id:starchild910:20180530051415j:plain


ボルケーノ付近で朝食を食べる。

というわけで、この日以外は、ボルケーノには、近づけないハワイ島の旅が始まった。

f:id:starchild910:20180530052427j:plain




私たちは、ヒロの宿に泊まることになった。


f:id:starchild910:20180530052959j:plain

ヒロでは、有名な木かな。



ワイ島のトカゲ。

動植物の色がむちゃくちゃ綺麗。

f:id:starchild910:20180530053154j:plain



ホノカアから、ワイピオ渓谷へドライブ。



ホノカアのオーガニックショップで買った、コンブチャコンブチャって日本でも結構話題だけど、衝撃的にいろいろな種類がありめちゃめちゃはまりました。

f:id:starchild910:20180530054309j:plain





ワイピオ渓谷は、ハワイの人達の聖地であり、そのマナ(霊力)に守られてきたという渓谷。




f:id:starchild910:20180530053332j:plain



ワイピオ渓谷の下に行く為には、1時間ぐらいの徒歩か、ジープで降りる。

私たちは、子連れなためかヒッチハイクに成功し、下に行くくとができた。

川と海が重なり、三つの滝があり、非常に美しく

神秘的な場所である。





f:id:starchild910:20180530053826j:plain





ここでまやちゃんも地元の男の子と出会い遊ぶ。

ハワイの子供は、アメリカ人といってもかなり野生的で、フレンドリーな子供が多く遊びやすい。



f:id:starchild910:20180530054027j:plain





次の日、私がすごく行きたかったのが、オーラの見える洞窟。

マウナラニリゾートの私有地内にあるんだけど、

泊まってなくても行けます。




洞窟の中は、エネルギーがすごく高いのがわかる。

ウィングスくんのオーラは青かった。

f:id:starchild910:20180530054856j:plain






まやちゃんピンク。

f:id:starchild910:20180530055057j:plain



私は天使の羽があります。

やはり私は天使だった 笑。

ちょっと赤い?

f:id:starchild910:20180530055330j:plain








ありがとうございます。今日から旅立ちます。

6ヶ月間の日本滞在が終了し、
今日から、大阪、ハワイ、シャスタ。ペルーへと旅立ちます。


f:id:starchild910:20180510135802j:plain




最終的に、4月30日   満月 新潟ソウルギャザリング    。ひーちゃん主催。



f:id:starchild910:20180510135919j:plain


f:id:starchild910:20180510135959j:plain




f:id:starchild910:20180510140138j:plain



5月 30日  東松山  ソウルギャザリング    トミーちゃん主催

ゲスト 井上裕樹さん。


f:id:starchild910:20180510140801j:plain

ヒロキさんとウィングスくん。



f:id:starchild910:20180510140312j:plain


f:id:starchild910:20180510140335j:plain



をラストの1週間で開催させていただきました。



ヒーリングセッションも、6ヶ月は、満席だったので、改めてありがたいというのもそうなんですが、自分が、日本にいる必要性を感じさせて頂いた半年間でも、ありました。






なんだかんだいいつつも、まやちゃんも幼稚園も楽しく行けて、わたしも親としていろいろ参加さてきました。



f:id:starchild910:20180510140623j:plain

幼稚園の遠足。





改めまして、

本当にありがとうございます。



日本の電話番号や携帯メールは止まります。

ご連絡のかたは、

starchildyuuka@のあとにgmail.com

もしくは、メッセンジャーでお願いします。




スカイプ、遠隔、メールセッションは、

6月から開始しますのでよろしくおねがいします。



ありがとうございます。



f:id:starchild910:20180510141147j:plain